お手入れ

芝生のエアレーションの適切な時期とやり方【20年の経験談で解決】

Pocket

芝生のエアレーションの適切な時期とやり方

ガーデンママ
芝生のエアレーションはいつやればいいの?

エアレーションに適した時期が知りたい。

 

こんなお悩み解決します。

 

芝生のエアレーションをやる時期は4月がベストです。

 

なぜなら根を切る作業であるしエアレーションは芝生の成長期にやることで効果を得られるからです。

 

休眠に入る前に実践しても効果は半減。

 

なので、芝生のエアレーションは4月がおすすめ。

 

芝生のエアレーションには道具選びも大事。

 

ローンパンチ、ローンスパイク。

 

この違いも知っておくだけで損はないです。

 

この記事では芝生のエアレーションの適期とやり方について経験談で紹介していきます。

 

おすすめ記事:芝生のエアレーション道具おすすめ5選【我が家が使ってきたもの】

 

この記事の信頼性

我が家は芝生をはじめ、ガーデニング歴20年を超えましたが、いつも超手抜きでできる芝生とガーデニングの経験談を発信中。

自宅の庭がテレビのCM撮影舞台として使われたことあります。

お花のアンバサダーも務めさせていただいるガーデニング好き一家です。

専門家とは違うお話もあるかもしれませんが、これが経験談です。

芝生のエアレーションの時期について

芝生のエアレーションの時期について

芝生のエアレーションの時期については諸説ありますが、我が家が20年以上経験してきた中で効果的だったのは4月です。

 

なぜなら芝生のエアレーションは根を切りますし、回復する時期でないと効果的ではないかも。

 

なので、芝生の成長が始まる4月が芝生のエアレーション適期なのかなというのが我が家の経験談です。

 

夏場は芝生の成長はいいですが、エアレーションすると暑すぎて芝生が逆に痛みます。

 

春でも比較的高温になりにくい4月は芝生のエアレーションの時期としては一番適していると思います。

 

芝生のエアレーションは4月がおすすめ

芝生のエアレーションは4月がおすすめ

前述しましたが、芝生のエアレーションの時期で迷っているななら4月がおすすめです。

 

我が家も実践するときは4月にしています。

 

5月以降になると30度とかの高温があり、エアレーションで穴をあけた部分とかが枯れてきたりすることもあるのも経験談。

 

芝生のエアレーションいつすべきかと悩んでいるなら4月がおすすめ。

 

暑すぎず寒すぎず、芝生の成長期に入る時期でもあるからです。

エアレーションの道具を知ろう

芝生のエアレーションの適切な時期とやり方

芝生のエアレーションの道具には大きく分けて2つの種類があります。

 

  • ローンスパイク
  • ローンパンチ

 

意外と知られていないかもしれません。

 

芝生のエアレーションというと穴をあけるだけと思いがちですが、ローンパンチというもの使えば芝生に穴をあけてさらに土までかき出してくれます。

 

効果が大きいのは経験上ローンパンチのほうです。

 

ローンパンチとは

ローンパンチは芝生に穴をあけてさらに土までかき出すもの。

 

直径1センチ程度の空洞になっていてさ芝生に差し込むと土がかき出されます。

 

使った後には1センチ程度の穴が空いていきます。

 

おすすめ記事芝生のローンパンチおすすめ2選【エアレーション効果高めたい方へ】

 

ローンスパイクとは

芝生のエアレーションというとどちらかというとスパイクをイメージするかもしれません。

 

靴に装着して踏んで穴をあけるものなどよく見かけますし、楽かもしれませんが、穴をあけるだけのものになります。

 

芝生のエアレーションおすすめ道具

芝生のエアレーションは自作でも出来なくないですが、やはり有名メーカーの道具がおすすめ。

 

ローンスパイクも、ローンパンチも芝生用品メーカーのものは切れ味違いすぎです。

 

釘とかで作った自作のエアレーション道具なんて比べ物にならないほど切れ味いいです。

 

試しに人工芝に突き刺したらスパッと直径1センチの穴が空いてしまったほどです。

 

芝生のエアレーション道具については以下の記事で詳しく紹介していますのでご参考にしてみてください。

 

おすすめ記事:芝生のエアレーション道具おすすめ5選【我が家が使ってきたもの】

 

芝生のエアレーション後にすべきこと

芝生のエアレーションをやった後はそのままじゃ芝生に穴が空いた部分が枯れてしまう恐れがあります。

 

なので、目土は必ず入れておきましょう。

 

目土はエアレーションで開けた芝生の穴に入りし芝生の根が伸びる場所を作ってくれます。

 

目土を入れないとエアレーションで穴の開いた芝生の根に直射日光が入り、部分的に枯れることもあります。

 

芝生の根を切る作業であるエアレーション後はしっかり目土で保護してあげてくださいね。

 

おすすめ記事:芝生の目土おすすめ5選【我が家が使ってきたもの】

 

芝生はエアレーションで劇的に改善するものでもない

芝生のエアレーションは植え付け数年後の成長が悪くなった、スカスカだったりしたときに有効ではありますが、ぶっちゃけ言えば劇的に改善するものでもないです。

 

このことは知っておいてほしいです。

 

固い地面に植えた芝生、通路になる毎日踏みつける芝生は土が固くなり成長が鈍りやがて剥げてきます。

 

このような芝生をエアレーションで劇的に改善できるかと言えば、、、、

 

ぶっちゃけ改善できないです。

 

芝生のエアレーションはしっかり土つくりができている芝生の成長が悪いと感じたらやってみると効果を感じるものです。

 

芝生って土つくりがとても大事。

 

以下の記事で我が家が実践してきたこと書いていますので是非読んでみてくださいね。

 

おすすめ記事:芝生の土の作り方【初めての方・失敗した方必見】全ては土で決まります

 

エアレーションしなくてもいい芝生にするために

エアレーションしなくてもいい芝生にするために

芝生のエアレーションはぶっちゃけ体力いりますし大変です。

 

エアレーションしなくても毎年きれいな芝生になればそれに越したことはありません。

 

そのためには植え付け前の土つくりが大事です。

 

それ以外にも、日常通路として歩く場所には芝生は植えない、レンガでアプローチを作るなどの工夫も必要です。

 

芝生は基本踏んでも大丈夫な植物ですし、野球でもサッカーでも芝生の上でやっていますよね。

 

しかし踏みすぎると土も固くなり映えてこなくなります。

 

芝生の庭のデザインの段階から少し工夫するだけで芝生の庭はきれいに、そしておしゃれにもできると思います。

 

おすすめ記事:芝生の庭をおしゃれにデザインする方法【我が家の実例付きで紹介】

 

まとめ

芝生のエアレーションの適切な時期とやり方

芝生のエアレーションに適した時期について我が家の経験を紹介してきました。

 

芝生のエアレーション適期は4月です。

 

なぜなら成長期に入る直前であり、気温もさほど高くないので芝生の痛みも少ないです。

 

春には更新作業される方も多いかもしれませんが、更新作業のついでにひと手間かけて芝生のエアレーションもおすすめです。

 

芝生にエアレーションをしても、ぶっちゃけ言うと劇的に改善される訳ではありませんが改善へと向かうことは実感しています。

 

この春、特に4月はエアレーションの時期ですのでお試しください。

 

おすすめ記事:芝生の更新作業の始め方【手順・時期について】

 

人気記事:芝生のお手入れ20年の集大成!超手抜きの芝生管理法【保存版】

 

 

Instagramフォローお願いします

おすすめ記事

-お手入れ
-

© 2022 超手抜きの芝生管理法 Powered by AFFINGER5