おすすめ道具 お手入れ

芝生のローンパンチおすすめ2選【エアレーション効果高めたい方へ】

Pocket

芝生のローンパンチおすすめ2選【エアレーション効果高めたい方へ】

ガーデンママ
芝生のローンパンチおすすめ道具が知りたい。

 

こんなお悩み解決します。

 

芝生のエアレーションと言えばローンスパイクとローンパンチと呼べれるものがある事に気づきます。

 

芝生のエアレーション用具としてどちらを選べばいいのか迷ってしまします。

 

ぶっちゃけ、結論としましてはローンパンチが絶対おすすめです。

 

理由はエアレーション効果が実感できるほどあるからです。

 

我が家は長い間、ローンスパイクタイプを使用して効果が得られずやめましたが、ローンパンチを使って見たらその効果に驚きでしたよ!

 

本記事では芝生のローンパンチおすすめ2品を紹介します。

 

この記事の信頼性

我が家は芝生のお手入れ歴20年を超えましたが、いつも超手抜きでできる芝生のお手入れで実践中。

テレビのCM撮影舞台として使われたことあります。

専門家とは違うお話もあるかもしれませんが、これが経験談です。

 

関連記事:芝生のお手入れ道具7選!【僕が芝生管理20年で使ったもの】

 

芝生のローンパンチはおすすめ!

芝生のローンパンチおすすめ2選【エアレーション効果高めたい方へ】

我が家は芝生のエアレーションはあまり効果を時間できず、しばらくしていませんでしたが、ローンパンチと言われる道具を手に入れたので早速実践してみました。

 

芝生のローンパンチとはエアレーション道具の一つですが、ローンスパイクは差し込むだけなのに対し、ローンパンチは芝生の中の土をかき出します。

 

なのでスパイクでエアレーションした場合との差は歴然です。

 

ローンパンチは突起の先が空洞になっており地面に差すとその部分の芝生と土を抜き取ってくれると言うもの。

 

1センチほどの穴が開きその空洞が固まった土や根をほぐすという仕組み。

 

ローンパンチを使用後には驚くほどの根や土が芝生からかき出されますので効果は高くなります

 

芝生のローンパンチおすすめ2選

我が家が試してみてこれ良かったと思う2品紹介します。

 

キンボシ ローンパンチx

3,000円弱の低価格にもかかわらず、サクサクと芝生に入っていきます。

 

何よりもかき出した土を回収できる受け皿を設置できるのが嬉しい。

 

エアレーション後の後片付けが楽になります。

 

デメリットは穴の間隔が広くて1度に2か所しか差し込めないことくらいですね。

 

 

キンボシローンパンチJr もおすすめですが、受け皿は設置の問題だけ?

 

バロネス タインエアレーター

こちらはゴルフ場でもでも使われているプロ仕様だけあって高価ですが、その分機能が凄いです。

 

穴をあける深さの調整ができ、取り換えも可能となっています。

 

先端も鋭くなっているのでサクサクと刺さりますよ。

 

性能良すぎですが、高価すぎるのがデメリット。


紹介したローンパンチは品薄になっています。

 

売り切れ続出ですので検討中の方はお早めに。

ローンパンチとローンスパイクの違い

芝生のエアレーション道具としてローンパンチとローンスパイクが紹介されていますが、混同している方も多いですが別物です。

 

ローンパンチは前述した通り、突起の先が空洞になっており差し込むことで根切りと同時に、土や根までかき出す事が可能です。

 

一方でローンスパイクは突起の先端は尖ったものか刃物状になっており、刺しても芝生の根を切るというだけになります。

 

ローンスパイクでも若干穴は開きますが、かき出すローンパンチとの違いは歴然です。

 

ローンスパイクは主に根を切るといった目的で使用するべきものです。

 

 

ローンパンチでエアレーションをやってみよう

芝生のエアレーションをするならローンパンチを選択する方がより効果がえられておすすめです。

 

芝生の経年劣化でお悩みなら実践してみましょう。

 

ローンパンチで芝生に穴をあける

ローンパンチは雨の後など芝生の土が湿っている方がやりやすいです。

 

乾きすぎていると差し込むのにかなり力が必要です。

 

なので、晴天続きの時は水やりしてからローンパンチを差し込むとわりと入りやすいですよ。

 

取り除いた土を回収

ローンパンチを芝生に差し込み、抜くと土や根があがってきます。

 

これは、景観を乱すので回収しましょう。

 

後にほぐしてから再度目土として使用することも出来ます。

 

この回収作業が面倒ですが、キンボシのローンパンチは苗ポットをつけるだけで、受け皿として使用できますので後片付けが楽ですよ。

 

目土を入れる

ローンパンチで穴をあけたら目土を入れます。

 

入れないまま放置すると芝生の根に直射日光が入り傷むことがありますのでローンパンチ使用後は目土は必須です。

 

目土はできれば、サラサラの川砂がおすすめです。

 

なぜなら、エアレーヨンを必要としている芝生は土が固まり排水もよくない状態が多いです。

 

これを解消してくれるのが川砂です。

 

水やり

ローンパンチを終えて目土を入れたら水やりも忘れずにしましょう。

 

目土を入れると砂が水分を吸いますし、熱も持ちますので十分に水やりをしましょう。。

 

芝生のエアレーション道具は2種類ある

芝生のエアレーション道具には2種類があります。

 

  • ローンスパイク
  • ローンパンチ

 

見かけは同じように見えますが、違いは刃先のほうです。

 

ローンスパイクは尖っていますが、ローンパンチは空洞になっています。

 

エアレーション効果を実感したいならローンパンチを選ぶべきというのが、我が家の経験側です。

 

ローンスパイクでエアレーション効果が得られなかった方こそおすすめです。

 

芝生のローンパンチおすすめ2選まとめ

芝生のローンパンチのおすすめについてお話ししてきました。

 

芝生のローンパンチはエアレーション効果をより感じやすいのでおすすめです。

 

芝生のローンパンチは様々なメーカーから発売されていますが、今回おすすめした2社はいずれも芝生用品専門業者だから性能が抜群です。

 

お値段の違いはありますが、どれを選んでも失敗はないと思います。

 

想像以上にサクサク芝生に刺さっていきますよ!

 

 

 

Instagramフォローお願いします

おすすめ記事

-おすすめ道具, お手入れ
-,

© 2021 超手抜きの芝生管理法 Powered by AFFINGER5