芝刈り

芝刈り機は手動式それとも電動式どちらがいい?【20年やってみて分ったこと】

Pocket

初めての芝刈り

ガーデンママ
芝刈り機は手動式か電動式か迷っている。

 

こんなお悩み解決します。

 

芝刈り機には手動式と電動式がありますが、どちらを選ぶべきかすごく迷っておられる方多いですね。

 

一般論としては芝刈り機の手動式と電動式の選択基準は面積で語られていること多いです。

 

しかし、我が家が両方使ってみて感じたのは、芝刈りをメインにする方の体力に合わせるのがベストです。

 

なぜなら、手動式は夏場芝生が伸びたら体力いるからです。

 

でも、電動式を安易に選択するとコードが邪魔すぎて我が家のようにお蔵入りすることになりかねません。

 

この記事では、芝刈り機は手動式か電動式どちらを選べばいいのか我が家の体験談を交えてお話しします。

 

この記事を書いている人

我が家は芝生のお手入れ歴20年を超えましたが、いつも超手抜きでできる芝生のお手入れで実践中。

テレビのCM撮影舞台として使われたことあります。

専門家とは違うお話もあるかもしれませんが、これが経験談です。

 

芝刈り機は手動式それとも電動式どちらがいい?

芝刈り機おすすめ7選!体力や庭に合わせて選ぶことが大事です

芝刈り機は手動式か電動式か初めて購入するなら実に迷うポイントですよね。

 

手動式と電動式の両方経験した我が家の体験談お話しします。

 

手動式は使い勝手が抜群にいいです。芝刈りしようと思ったらすぐ始められますが、電動式はコードの準備も時間かかりますし後片付けもね。

 

ただ、夏場になって芝生の生育が良くなると芝刈りを少しサボったら手動式で押すのがすごく体力いります。

 

普段からランニングしている男性の私でも、大汗かいて筋肉痛になるほどです(笑)

 

電動式なら楽かと思いきやワナもあります。

 

芝刈り機を手動式か電動式か選び方のポイント解説していきます。

 

関連記事:芝刈り機おすすめ7選!体力や庭に合わせて選ぶことが大事です

 

手動式or電動式選び方ポイント解説

芝刈り機を手動式か電動式にするかの選び方のポイントは芝刈りする人の体力と芝刈りが毎週できる環境にあるかです。

 

なぜなら、手動式芝刈り機で夏場2週間芝刈りしなければ、刈り取るのにすごく力が必要ですし、毎週できていればそれほど力もいらないからです。

 

それならばと、力のいらない電動式を選ぶとコードの煩わしさが待っています。

 

手動式をおすすめする人

  • 毎週芝刈りできる時間がある
  • 庭の形状が複雑又は障害物が真ん中にある
  • 電源が遠い
  • めんどくさがり屋の人

 

電動式をおすすめする人

  • 芝刈りは毎週できない場合がある
  • 芝刈りするのは主に女性である
  • 庭の形状が単純な四角形
  • 電源が庭にある
  • 芝刈り機を収納する場所が庭にある

 

我が家の経験上このようなポイントで考えると後悔は少ないです。

 

手動式芝刈り機

手動式芝刈り機はとにかく使い勝手がいいので、庭の大小を問わずおすすめできますし、我が家のような200㎡程度の大面積でも意外と使えます。

 

手動式芝刈り機なら複雑な形状でも、障害物があっても取り回しが楽で自由に芝刈り機を振り回す事が可能です。

 

手動式芝刈り機は伸びすぎると刈れない

5月に芝生が茶色くなる原因と対策

手動式芝刈り機のデメリットは唯一芝生が伸びすぎると刈れない場合がある事です。

 

夏場に芝生を2週間も伸ばすと手動式では高さを大幅にあげてやらないと、途中で何度も止まって刈れなくなります。

 

刈高をあげて一度刈ってから、もう一度刈り高を下げれば希望の高さに刈れますが、ぶっちゃけ夏場に2度芝刈りは大変です。

 

男性の腕力なら無理やり刈れなくもないですが、我が家の妻がやるとほぼ途中で投げ出しているというのが経験側です。

 

電動式芝刈り機

電動式芝刈り機は、電気の力でローターを回して刈り取るので手動式のように力を入れて押さなくても刈り取れます。

 

特に女性がメインに芝刈りをするご家庭であれば電動式はおすすめです。

 

楽したいからと安易に電動式を選ぶと後悔することもあります。

 

 

電動式芝刈り機はコードがじゃますぎる

電動式芝刈り機は、電源から延長コードを使ってコードを接続しながら芝刈りをする必要があります。

 

なので、芝刈り機の後をずっとコードが付いて回りますので、これが実に邪魔になります。

 

開店する時や障害物がある時、いちいちストップしてコードをどけてから再スタートという作業の繰り返しになります。

 

我が家の場合はこれが面倒すぎて電動式芝刈り機はお蔵入りになりました(笑)

 

電動式芝刈り機は準備と後片付けも延長コードまでする必要があり、収納場所も雨に濡れない場所に置く必要があります。

 

この面倒な作業をあらかじめ理解しておけば後悔は少ないと思います。

 

ロボット芝刈り機もおすすめ

芝刈り機を手動式か電動式かに迷っている中、最近ではロボット芝刈り機と言って自動で芝刈りをしてくれるものが発売されています。

 

テレビCMやインターネット広告でも見かけた方あるかもしれませんが、例えれば掃除機のルンバの芝刈り機バージョンというイメージです。

 

あらかじめ指定した時間になれば自動で芝刈りをやってくれるのですごく便利ですし、芝生の本場西洋ではかなり普及が進んでいるようです。

 

ネックは値段です。

 

20万円程度しますので、お金に余裕のある方は試してみてもいいかもしれませんね。

 

ただ、手動式でも電動式でも少しいいものを選べば5万円程度しますので、手間を考えると意外と安いかもしれません。

 

 

関連記事:庭の芝生のお手入れ不要にする魔法の方法とは【ロボットにお任せ?】

 

芝刈り機は手動式それとも電動式どちらがいい?まとめ

芝生の手入れが大変だと反対する方へ伝えたい事

芝刈り機のを手動式か電動式かを選ぶポイントは一般的には面積で語られている記事が多いです。

 

しかし、実際に両方を使ってみた我が家の経験からすると、以下の基準で選ぶと後悔は好きないですよ。

 

手動式をおすすめする人

  • 毎週芝刈りできる時間がある
  • 庭の形状が複雑又は障害物が真ん中にある
  • 電源が遠い
  • めんどくさがり屋の人

 

電動式をおすすめする人

  • 芝刈りは毎週できない場合がある
  • 芝刈りするのは主に女性である
  • 庭の形状が単純な四角形
  • 電源が庭にある
  • 芝刈り機を収納する場所が庭にある

 

芝刈り機を手動式にするか電動式にするか迷っているなら、面積よりも使い勝手や体力に合わせることおすすめします。

 

 

人気記事:芝生のお手入れ20年の集大成!超手抜きの芝生管理法【保存版】

Instagramフォローお願いします

おすすめ記事

-芝刈り
-

© 2021 超手抜きの芝生管理法 Powered by AFFINGER5