ガーデニング

人工芝は夏色か春色どっちを選ぶべきか【天然芝歴20年の我が家のおすすめ】

Pocket

人工芝は夏色か春色どっちを選ぶべきか【天然芝歴20年の我が家のおすすめ】

ガーデンママ
人工芝は夏色か春色かどっちを選ぶか迷っている。

 

こんなお悩み解決します。

 

人工芝って近年リアル感が増してきて、春色と夏色が販売されていることが多くなりましたが、ぶっちゃけどちらを選べばいいのか迷っている方多いかもしれません。

 

ひと昔前の人工芝は、緑が濃すぎて不自然でしたが、最近は本物の芝生のように枯れている部分があったり進化しています。

 

天然芝歴20年を超える我が家が現物を見て思ったのは、春色が一番天然芝に近いという事。

 

ぶっちゃけ言いますと、人工芝の色は夏色だったら濃すぎますし、天然芝を知っている人なら明らかに違和感感じます。

 

なので、より自然に近い春色がおすすめ。

 

この記事では天然芝歴20年の我が家が、人工芝と天然芝を比べてみた結果を画像付きで紹介します。

 

ガーデニングを楽しみたい、より天然芝に近いものを求めている方に参考になると思います。

 

この記事を書いてる人

我が家は芝生をはじめ、ガーデニング歴20年を超えましたが、いつも超手抜きでできる芝生とガーデニングの経験談を発信中。

自宅に庭がテレビのCM撮影舞台として使われたことあります。

専門家とは違うお話もあるかもしれませんが、これが経験談です。

 

人工芝は夏色か春色どっちを選ぶべきか【天然芝20年の我が家のおすすめ】

人工芝は夏色か春色どっちを選ぶべきか【天然芝歴20年の我が家のおすすめ】

人工芝は夏色か春色のどっちを選ぶべきか実に悩ましいところかもですが、出来るものなら天然芝に近いものを選びたいものです。

 

我が家は天然芝20年以上お手入れしていますので、人工芝と天然芝の比較をしてみました。

 

今回試したのは30センチ角芝丈20ミリの夏色の人工芝で、茶色い芝も混ぜ込んである最近流行りのより自然に近いものです。

 

これを5月の我が家の天然芝に並べてみたのが以下の画像です。

人工芝と天然芝を並べてみる

 

 

5月とは言え天然芝は夏に近い濃い芽が生えそろってきていますが、そこへ人工芝を並べると真上から見れば以外にもなじんでいますが、斜めから見ると違いは歴然。

 

かなり、テカって緑が浮いてしまう感じになります。以下の写真がその画像。

横から見ると人工芝はてかる

 

自然に近いタイプの人工芝は緑の葉の中に、茶色く枯れて縮れた葉をませてありますが、真上から見ると隙間から枯れた部分がちらっと見えてリアル感あるのですが、横から見れば緑一色って感じになります。

 

アップで見るとさほど違わない。左が人工芝夏色で右は天然芝。

 

人工芝と天然芝を並べてアップ

 

天然芝と人工芝の夏色を並べてみた結果、人工芝は春色を選らんだ方がより自然に近い芝生になるという事が分かりました。

 

天然芝の庭は真上からより横から眺めることがほとんどですので、横から見た時の印象で選ぶのがベストですが、ぶっちゃけホームセンターで横から見れる環境にあるところはほとんどないです。

 

人工芝の色おすすめは?

人工芝は夏色と春色が発売されているメーカーがありますが、店頭で見ると夏色が鮮やかで綺麗に見えます。

 

でも、よりリアルな人工芝を求めるのであれば、春色がおすすめです。

 

春色って、店頭で見ているとなんだか青々しくない感じがしますが、地面に敷いて横から眺めると十分すぎるほど青いです。

 

芝生歴20年の我が家ですが、芝生って真上から見るより横から景色として見る事がほとんどですのでよく考えてみましょう。

 

ネット販売を見ていても春色はほとんど品切れになってることが多いことからもより自然に近いもの選ぶ方が多いのかもしれませんね。

 

人工芝と天然芝の色の違いを比較してみた

人工芝と我が家の天然芝の色の違いを比較してみました。

 

比較したのは5月下旬になりますが、天然芝はほぼ夏の色になってきている場所を選んで並べています。上記画像の左が人工芝で右が天然芝。

 

横から見た比較。

 

 

 

リアル人工芝と呼ばれるものはテカリを抑える加工がしてありますが、それでも自然の芝生と比べるとやはりテカリます。

 

テカる分色が異常に青く見えがちです。

 

異常に青い人工芝は一昔前の青一色の安物みたいで天然芝歴20年の我が家はおすすめできません。

 

人工芝は20ミリか30ミリか35ミリどれがおすすめ?

人工芝には20ミリから35ミリくらいの芝丈のものが販売されていますがどれを選ぶか迷いますね。

 

フカフカの芝生を楽しみたいなら長い方がいいと考えがちですが、天然芝の一般的な刈り高は20ミリから30ミリ程度が普通です。

 

天然芝では35ミリ以上に伸ばすことはあまりないのが現実でして、一般の芝刈り機で刈れる高さは35ミリから40ミリが上限になっていますので天然芝はフカフカに見えますが実は芝丈はそれほど長くありません。

 

ぶっちゃけ、それ以上になると天然芝でも芝が寝てしまう事が多くなりますし、踏む場所と踏まない場所の凹凸が目立ちます。

 

これは人工芝にも言えることで、短めの方が刈りたての綺麗な芝生のように見えますし、長すぎると芝生が寝た部分が結構目立ちます。

 

なので、我が家がおすすめするとしたら、25ミリから30ミリがおすすめで、より自然に近いです。

 

人工芝夏色と春色が選べるおすすめメーカー

人工芝には夏色と春色が選べるメーカーが増えていますので、お好みに合わせて選べるメーカーおすすめします。

 

ネット販売を見ていても春色はほとんど品切れになってることが多いことからもより自然に近いもの選ぶ方が多いのかもしれませんね。

 

人工芝で夏色と春色が選べるメーカー紹介していきます。

 

タンスのゲン

タンスのゲンは芝丈も色も選べてリーズナブルですが、口コミ評価がすごく高いので要チェックです。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマはホームセンターでもよく見かける人工芝ですが、ネットの方が安いです。

 

 

JARDIN(ジャルダン)

JARDIN(ジャルダン)の人工芝も色が選べて、口コミ評価が高いです。芝丈が38ミリと長いですが、高密度1.9倍なのでおすすめ。


モダンデコ

モダンデコもリーズナブルなのにリアル感があり、色の選択も可能で、こちらも口コミ評価抜群です。

 

人工芝はホームセンターで買ったら損する

人工芝はホームセンターでもたくさん並んでいますが、ぶっちゃけお値段かなり高いです。

 

同じような品質のものでもネットなら半額以下で販売されていることが多いので、同じ買うなら安く、自宅へ届けてくれるネット販売おすすめします。

 

なぜホームセンターが高いのか分かりませんが、人工芝購入するならネット販売は必ずチェックしておくことおすすめします。

 

天然芝の本当の姿を知ろう

人工芝は近年リアル感も出てとても人気の商品ですが、天然芝にしかない良さがあります。

 

人工芝を購入する方は芝生のお手入れが出来ないから選択すると思われますが、公園やキャンプ場など芝生のある所は、地べたに座ってもフカフカで柔らかく気持ちがいいですよね。

 

ぶっちゃけ、人工芝ではあのフカフカとした柔らかさは出ないです。芝丈の高いものを選んでも同じです。

 

天然芝は葉の下に茎があり、土があり、根を張っていますので、葉だけじゃないクッションがあります。なので、人工芝にそれを期待してしまうと固いと感じてしまいます。

 

人工芝の下にゴム製のクッションでも入れてちょうど天然芝に近いクッションかなと感じるくらいです。

 

それほど、天然芝って自然のクッションを持っているのが現実です。

 

人気記事:芝生のお手入れ20年の集大成!超手抜きの芝生管理法【保存版】

 

人工芝は夏色か春色どっちを選ぶべきか【天然芝歴20年の我が家のおすすめ】まとめ

人工芝は夏色か春色どっちを選ぶべきか、天然芝歴20年の我が家が天然芝と人工芝の違いを我が家の庭で実験して紹介してきました。

 

より天然芝に近い雰囲気を出すなら春色がベストです。

 

夏色は天然芝に比べると青々し過ぎているのが並べてみて感じた事。

 

特にガーデニングされる方は周りの花などと馴染ませるためにも春色おすすめします。

 

天然芝って知らない人が思っているより青くないというのが、現実です。

 

人工芝選びの参考にしていただければと思います。

 

関連記事:天然芝と人工芝どちらを選ぶべきか【芝生のお手入れ20年の経験談】

 

Instagramフォローお願いします

おすすめ記事

-ガーデニング
-

© 2021 超手抜きの芝生管理法 Powered by AFFINGER5