お手入れ

芝生のサッチングってどうすりゃいいの?【20年の経験談お話しします】

Pocket

ガーデンママ
芝生のサッチング方法が知りたい。

芝刈り機の受け皿でとれる芝刈りカスだけじゃダメなの?

 

こんなお悩み解決します。

 

ぶっちゃけ結論言いますと、芝生のサッチングってやらなくても何の問題もおきません。

 

専門家はサッチングは必須だ、やらなければ芝生が病気になると煽りますが、我が家は20年以上のお手入れの中でサッチングって数回程度やっただけ。

 

でも、芝生のサッチングが必須だと言われるとやってみたくなりますよね。

 

この記事では芝生のサッチングのやり方について、効果はどうなのかを経験談で紹介していきます。

 

この記事の信頼性

我が家は芝生をはじめ、ガーデニング歴20年を超えましたが、いつも超手抜きでできる芝生とガーデニングの経験談を発信中。

自宅の庭がテレビのCM撮影舞台として使われたことあります。

専門家とは違うお話もあるかもしれませんが、これが経験談です。

 

芝生のサッチングってどうすりゃいいの?

芝生のサッチングってホームセンター行っても専門業者のウェブサイトでも必須だと言われていますが、我が家の経験によるとやらなくても特に問題は起きないです。

 

いちおう、芝生はサッチングしないと古い芝刈りカスなどがたまって通気性も悪くなり良くないと言われています。

 

なので、我が家も芝生のサッチングはやった事ありますのでやり方お話しします。

 

サッチングとは

サッチングと一般的に言われていますが、初心者の方にしてみりゃ何のことかわかりませんよね。

 

サッチンングとは芝生の中に溜まった芝刈りカスなどを熊手などで取り除いてやる作業です。

 

よく、サッチをレーキでとることが大事だと言いますが、分かりやすく日本語で言えば芝刈りカスを熊手で取ることがサッチングです。

 

それでは芝生のサッチングのやり方の説明に入ります。

 

サッチングのやり方①熊手でかき出す

一般的な芝生のサッチングのやり方は、熊手等を使ってかき出す事です。

 

市b府専用の物もありますが、家庭にある竹製の熊手でもいいですし、金属製の熊手でも大丈夫です。

 

 

芝生の中にかるく熊手を入れて引いていくと、堆積物が出てきますので枯れ葉掃除より少し奥までかきとる感じでやります。

 

力を入れて引っ張り過ぎると芝生の根や茎まで傷つけるのであまり力まないようにするのがコツです。

 

枯れ葉掃除より力がいりますので結構疲れますのでボチボチやりましょう。

 

サッチングのやり方②分解剤を使う

芝生の堆積物を分解してくれる商品があります。

 

こちらは芝生に撒くだけでサッチ(堆積物)を分解する効果があるので楽です。

 

人気があるのは、除草剤でも有名なシバキープシリーズです。

 

 

 

サッチングのやり方③マシーンを使う

芝生のサッチングを機械がやってくれるという画期的なものもあります。

 

リョービの電動芝刈り機なら、葉をサッチング用の取り換えれば、芝刈り機を押すだけでサッチングをやってくれるというものです。

 

リョービの電動芝刈り機をお持ちの方なら試してみてもいいかもしれません。

 

 

 

サッチングはやりすぎると芝生を逆に痛める

芝生のサッチングは堆積物を除去して芝生をいい状態にするのが目的ですが、やりすぎると芝生を傷めることあります。

 

芝生のサッチングは芝生の葉と茎から根の部分の堆積物をかき出しますので、茎や根を傷つけたり、直射日光を当ててしまう事もあります。

 

サッチングはやりすぎると逆効果になりかねませんので、くれぐれも控えめがおすすめです。

 

サッチングの頻度は

芝生のサッチングと言うと芝刈りごとにしなきゃいけないと思う方おられるかもしれませんが、頻度は年1回で十分です。

 

芝刈り後毎回やっちゃダメですよ、芝刈りカスは芝刈り機の受け皿でとれるだけで十分。

 

おすすめは春の目土を入れる前にやるのがベストかと思います。

 

サッチを取り除いて新鮮な状態に空いた後、新しい目土で芝生を保護することで、新しい芝生の成長を促進できるからです。

 

スカスカな芝生や刈れている部分はサッチング禁止

スカスカな芝生や刈れている部分はサッチングしないほうがいいです。

 

なぜなら、その部分は弱っているところですので、サッチングでかき出すと根や茎を傷めてしまうからです。

 

サッチングは基本、密集した部分に施してやるのがベストなやり方で、傷んでいる部分は芝生に負荷がかかりすぎますのでやめておくべきです。

 

また芝生を植えて1年目もしてはダメです。芝生痛めるだけですので、やるなら3年目くらいから始めてみましょう。

 

まとめ

芝生のサッチングについてやり方と、意義、注意点を紹介してきました。

 

サッチングに関しては様々な意見がありますが、20年芝生のお手入れしてみた我が家の考えはサッチングはしなくても問題ない、逆にやることで芝生を傷めることの方が多いという事です。

 

サッチングは面倒ですし、目に見えて芝生が変わるかと言われもぶっちゃけ変わりません。

 

なので、神経質じゃない方は芝生のサッチングはやらなくてもいいと思いますし、普段から芝刈り機の受け皿で芝刈りカスを取っていたらそれで十分というのが我が家の結論です。

 

人気記事:芝生のお手入れ20年の集大成!超手抜きの芝生管理法【保存版】

Instagramフォローお願いします

おすすめ記事

-お手入れ
-

© 2021 超手抜きの芝生管理法 Powered by AFFINGER5