芝生の植え方

そろそろ芝生の秋植えできます|TM9も販売再開ですよ

更新日:

Pocket

真夏の猛暑もようやく終わり、最高気温も30度を下回る日が増えてきました。

芝生の秋植えができる気候です。

 

先日ホームセンターに行くとまだ芝生は販売されていませんでした。

そりゃ涼しくなったとはいえ、芝生の在庫を抱えるには危険な暑さですので、、、

 

産地から直送されてくる芝生はもう販売が再開されだしています。

成長が遅くて芝刈りの手間が少なくて済むというTM9なども販売再開されています。

 

この記事では、これから芝生を植えたい方へ芝生の秋植えについて紹介します。

 

この記事を書いている私は芝生を20年前に植えて超手抜きの管理で維持してきました。

ホームページから話題になってテレビCMの撮影舞台にも我が家の芝生の庭が採用されたことあります。

経験側でお話ししますので、面倒な細かい事は無視です。

間違っていることもあるかもしれませんが20年の経験話はヒントになる事も多数あるかと思いますので、お付き合いくださいね。

超手抜きの芝生管理法の管理者です.

そろそろ芝生の秋植えできます|TM9も販売再開ですよ

これから芝生を植えたいとお考えの方、そろそろ芝生の秋植えできます。

最高気温も30度を下回る日が多くなってききましたので、準備始めていい時期です。

 

芝生(高麗芝)植えるのは春か秋が適しています。といいますかベストです。

春に植えたほうが、すぐに一面緑の絨毯にできるのでおすすめですが、これから芝生を植えたいと思っているなら秋もチャンスです。

芝生の苗が販売再開されだしています

ホームセンターなどでは地域にもよるかもしれませんが、まだ芝生の在庫は置いていないところがほとんどかと思います。

これは、涼しいと言っても30度前後まで気温は上がりますので、芝生の苗を店頭で置いておくと傷むからです。

 

でも芝生の産地からの直送は販売再開されています。

TM9という芝生の成長が遅く手入れが楽と言われ、売り切れ続出だったのですがようやく販売再開されています。

もちろん普通の高麗芝も販売再開されています。

産地直送の芝生がいい理由

芝生はホームセンターなどの店頭に数日間在庫として積み上げられていると、今の時期暑さで蒸さってしまい傷みます。

なので、より品質のいいものを求めるなら、芝生の産地から直送されるものがおすすめです。

 

とはいっても、芝生は重量物ですし、今の時期はクール便で温度管理をして配送しないと傷むので送料がバカになりません。

ぶっちゃけ芝生の値段より送料のほうが高い場合もあります。

 

それでも、いい品質のものを早めに手に入れたいならおすすめです。

特に、小面積であればそれほど費用はかかりませんのでおすすめです。

 

産地から直送される芝生の多くは出荷当日の朝に切り取られて発送されます。

なので、届いた時でも2日とかしか時間がたっていないので品質はかなりいいです。

芝生の秋植えの準備をしよう

芝生の調達のめどが立てば、到着日までには芝生を植えられるようにしておく必要があります。

基本、芝生が到着したら当日か翌日には植えたほうがいいです。

 

なので、到着予定日に合わせて地面を耕し、際のレンガなど準備が必要です。

芝生を植える準備については以下の記事で詳しく紹介していますのでご参考に↓

芝生の植え方3つのポイント解説|初心者でも失敗しない超簡単

芝生の植え方 事前準備編|超手抜きの芝生管理法

 

この作業を芝生の到着日に合わせてやっておくことが必要です。

芝生が届いてからでは間に合いませんのでご注意を!

芝生の秋植えは水やりが楽です

芝生の春植えの場合は植えた後にドンドン気温が上がりだし、夏を迎えます。

芝生を植えた1年目は根が地中深くまで張っていないため、頻繁に水やりをする必要があります。

 

特に1年目の真夏は少し大変かもしれませんね。

芝生を植えた直後に茶色く枯れるのは水不足がほとんどかもしれません。

 

逆に、秋植えでは植えてから気温が差がある一方ですし、購入した時点の芝生自体が緑なので水不足や枯れていることがすぐに発見できるメリットがあります。

秋を過ぎて11月にもなれば芝生は冬枯れし、休眠に入ります。

なので、その後の手入れは乾燥だけを注意してやれば何もしなくて大丈夫です。

 

そのまま春になれば、緑の芽が出てきます。

春になるころには根がしっかり張ってきていますので、春植えほど水不足を気にしなくても大丈夫です。

芝生の秋植えのデメリット

芝生を秋植えすることにはデメリットもあります。

緑の芝生の苗を植えて、1か月もすると成長が止まり、冬枯れし休眠に入ってしまいます。

だから、目地をあけて植えたところも埋まらないままで、緑の絨毯になるには来年の初夏まで待つ必要があります。

 

せっかちな人には向かないかもしれませんね。

芝生を植えてすぐに茶色くなって半年以上待つ必要がありますので、、、

 

芝生の秋植えのデメリットはこれです。

モチベーションが一旦下がるところと言えます。

おすすめ芝生産地直送販売

芝生の産地直送のネット販売なら、以下に紹介しているところがおすすめです。

お気に入りのもの、予算が合うものがあれば検討してみてくださいね。

 

TM9については以下の記事で詳しく紹介しています↓

芝生のお手入れが楽なTM9は超おすすめ!これから始めて植える方へ

 

人気のTM9はこちら↓

早くも残り数が少なくなってきています

 

一般的な高麗芝はこちら↓

高いと感じたら、ホームセンターでの販売を待ちましょう。

 

まとめ

芝生の秋植えに適した季節になってきました。

芝生にあこがれてこれから始めたいという方にもおすすめです。

 

ホームセンターで実物をみてから購入するのもいいと思います。

鮮度抜群なら、産地直送がおすすめです。

 

TM9などの人気の品種は早めに予約したほうがいいです。

おそらく、すぐに売り切れになりますので、、、

でも、まずは芝生を植えられる準備をしておかないと、届いても植えられません。

まずは準備から始めませんか?

 

おすすめ記事

芝生管理20年の集大成!超手抜きの芝生管理法【保存版】

おすすめ記事

-芝生の植え方
-

Copyright© 超手抜きの芝生管理法とお手入れblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.