雑草対策

芝生を雑草だらけの状態から復活させる方法【20年の経験則です】

Pocket

芝生を雑草だらけの状態から復活させる方法

ガーデンママ
芝生を雑草だらけの状態から復活させたい。

 

こんなお悩み解決します。

 

芝生が雑草だらけになっても復活させるの簡単です。

 

  1. 液体除草剤を撒く
  2. 雑草が枯れてきたら芝刈り機で刈り取る
  3. 粒剤除草剤を撒く

 

上記手順で芝生は雑草だらけから復活してきます。

 

その後毎週芝刈りしてやれば、1か月もかからずに芝生の雑草だらけから復活できます。

 

我が家も芝生を放置して雑草だらけになったところから数週間でそこそこ綺麗な芝生に戻したこと何度もあります。

 

芝生を雑草だらけの状態でも諦めずに復活させませんか?

 

この記事では我が家がやってみた芝生を雑草だらけから復活させた方法を紹介します。

 

この記事の信頼性

我が家は芝生をはじめ、ガーデニング歴20年を超えましたが、いつも超手抜きでできる芝生とガーデニングの経験談を発信中。

自宅の庭がテレビのCM撮影舞台として使われたことあります。

専門家とは違うお話もあるかもしれませんが、これが経験談です。

芝生を雑草だらけの状態から復活させる方法

芝生が雑草だらけになってしまうと何から手を付けていいやら分からず、もう諦めモードになってませんか?

 

芝生が雑草だらけになった時、雑草抜きから始めると挫折します。

 

1本ずつ雑草抜いていたらきりがないですし、実は雑草って抜いても地下には根が残るものがほとんどでして、手で抜いても無駄な作業に終わります。

 

なので、芝刈り機で雑草まで刈り取るのが一番早いのですが、もっといい方法あります。

 

それは、液体除草剤と粒剤除草剤そして芝刈りを組み合わせて行う事で、より早く芝生が雑草だらけの状態から復活できます。

 

  1. 液体除草剤を撒く
  2. 雑草が枯れてきたら芝刈り機で刈り取る
  3. 粒剤除草剤を撒く

 

上記手順で芝生は雑草だらけから復活してきます。我が家はいつもこの方法なので、ぜひご参考にしていてください。

 

芝生が雑草だらけになったら何から始めるべき?

芝生が雑草だらけになるととりあえず手で抜いて行こうとする方が多いですが、ぶっちゃけキリがないです。

 

それならば、芝刈り機で一緒に刈りとっちゃえと思うかもしれませんが芝生が雑草まみれの状態ではもう一工夫が必要。

 

まずは芝生に生えている雑草を枯らすことから始めるのがベストです。

 

芝生の雑草の取り方と芝刈り

芝生の雑草は除草剤で枯れさせることができますが、除草剤と言っても2つの種類があります。

 

  • 液体除草剤
  • 粒剤除草剤

 

この2つ葉効き方も別物でして、併用して使っても大丈夫なのでその特性を利用していきます。

 

液体除草剤で芝生に生えている雑草を枯らす

芝生が雑草だらけになっている状態なら、液体除草剤がよく効きますので、芝刈りする前に雑草に直接液体除草剤を撒いていきます。

 

1週間後雑草はほぼ枯れてきています。

 

この状態まで芝刈りはしないで放置します。

 

ポイント

液体除草剤は基本芝生が青い状態の時に撒くものですので、冬や春先の芝生の芽が出ていない時はやめておきましょう。その場合は粒剤のみ使用します。

 

雑草が枯れてから芝刈り

液体除草剤を撒いて1週間後にほとんどの雑草は枯れてきますので、少々は残っていても構いませんので芝刈り機で一緒に刈り込みます。

 

液体除草剤を撒いた雑草は葉から除草剤を吸収して根まで届いていきますので、葉が枯れ始めていたら効いているという事なので、もう雑草は芝刈り機で刈りこんでも大丈夫。

 

これだけでも、芝生が雑草だらけ状態から復活したように見えてきますが、もうひと手間かけるとさらに効果が出ます。

 

芝刈り後に粒剤除草剤を撒く

芝刈り後に粒剤除草剤を撒きます。

 

粒剤除草剤は液体と違って粒剤は地中で溶けて根から吸収され根を枯らして雑草をやっつけるという仕組みになっています。

 

なので、液体除草剤で枯らしたけどまだ地中に残っている根を今度は粒剤除草剤でやっつけます。

 

粒剤タイプは予防効果もあるので撒いておくとその後の雑草が抑えられますのでおすすめです。

 

ガーデンママ
2つの除草剤を併用して大丈夫なの?

 

これ我が家も心配だったのでメーカーに問い合わせてみたところ、液体と粒剤は成分も効き方も別物なので併用は問題ないですとの事でした。

 

ポイント

  1. 液体除草剤を撒く
  2. 雑草が枯れてきたら芝刈り機で刈り取る
  3. 粒剤除草剤を撒く

上記手順で雑草をとることで芝生が雑草だらけの状態から早く復活できます。

 

芝生の雑草は除草剤の特性を上手く利用する

芝生の除草剤おすすめ7選【用途別の選び方・使い分け方】

芝生の雑草は、除草剤の特性を上手く利用すると効果的に除草できます。

 

  • 芝生の上に生えている雑草を枯らす場合:液体除草剤
  • 地中に残った根から枯らす場合:粒剤除草剤

 

上記の通りで、芝生の上から見て雑草が生い茂っている状態なら、雑草の葉に液体除草剤を撒く、芝刈り後や草抜き後に粒剤タイプを与えるのがベストです。

 

芝刈り後に雑草の葉が見えない状態で液体タイプを撒いても効果は少ないです。

 

逆に芝生の上に雑草がある状態で粒剤タイプを撒いても効果はなかなか出てきません。

 

このように、除草剤の特性を知った上で使用することでより効果を発揮させられます。

 

芝生が雑草だらけにならないために

芝生が雑草だらけにならないためには、芝刈りの頻度を上げることが近道です。具体的には隔週より毎週がベスト。

 

毎週芝刈りって面倒だなと思うかもしれませんが、雑草抜きだと思えば難しくないと思います。

 

地道に手で抜いても雑草は生えてきます。雑草抜きに何時間時間使っていますか?

 

芝生の成長がまだ鈍い季節でも毎週芝刈り機をかけるだけでも雑草も伸びた分だけ刈り取られるので、抑えることは出来ます。

 

芝刈りの頻度を上げると芝生の密度も上がりだすのでより雑草が生えにくい、密集した芝生になります。

 

芝刈りは良いことだらけですね。

 

 

芝生を雑草だらけの状態から復活させる方法まとめ

芝生を雑草だからの状態から復活させる方法を紹介してきました。

 

  1. 液体除草剤を撒く
  2. 雑草が枯れてきたら芝刈り機で刈り取る
  3. 粒剤除草剤を撒く

 

上記手順で芝生は雑草だらけから復活してきます。我が家はいつもこの方法なので、ぜひご参考にしていてください。

 

芝生の雑草は基本芝刈り機と除草剤の併用が楽で長続きします。

 

1本ずつ雑草を手で抜いていたら、多分芝生なんてもうやめたいとなります。

 

ほとんどの方が、芝生の雑草に疲れ果ててやめていきます。

 

長続きできる楽な方法で芝生が雑草まみれでも復活させてみませんか?

 

我が家の愛用品はシバキープシリーズ、ぜひお試しください。

 

関連記事:芝生の除草剤おすすめ7選【用途別の選び方・使い分け方】

 

関連記事:【芝生の除草剤】シバキープの効果について体験談を語る【口コミ】

 


Instagramフォローお願いします

おすすめ記事

-雑草対策
-

© 2021 超手抜きの芝生管理法 Powered by AFFINGER5